医療分野コーチングプログラム
AEメディカル

DVD・書籍注文

医療分野に求められるコーチングとは

コーチングとは

コーチングとは、相手の能力を最大限に引き出し、自発的な行動を促進するためのコミュニケーションの技術です。多くの場合、目標を達成したり、障害を打開するための答えや能力・やる気はその人自身が持っています。それを引き出し、相手の自発的な行動を促進するのがコーチングです。
ですから、分析、アドバイスや指導を目的としたコンサルティングや、精神的ケア、身の上相談を目的としたカウンセリングでもありません。
心理学、成功哲学、行動科学、行動心理学などがミックスされた総合的なソーシャルスキルとして確立されています。それは100以上のスキルとして簡潔に整理されており、ビジネス・医療・福祉・教育ほか日常の対人関係など幅広く現場で実践されております。コーチングは学んですぐに実践できるのが特徴と言えます。

コーチの役割

コーチは「自発的な行動を促す人」であり、それを可能にするコミュニケーションスキルを持っている人のことです。コーチの役割は、クライアントとコミュニケーションを交わすことによって、クライアントが実現したいと願っているゴールを明確にし、それを可能な限り短期間で目標達成できるようにサポートすることです。その過程において、アクションプランを共に練る、障害となっていることを明確にする、必要である協力体制を作るなどを行っていきます。このプロセスを「コーチング」と言います。

なぜ今コーチングが注目されているのか

企業をとりまく環境は目まぐるしく変化しています。
ここ数年企業がコーチングに注目した背景には、この厳しい経済状況の中で生き残るために、いかに人を育成していくのか、リーダーという立場であれば、いかに自身の変化対応力に富んだリーダーシップを開発していくかが必要にせまられているからです。
スタッフの力を生かしきれていない企業は間違いなく業績を悪化させています。
業績を継続的にあげていく為にも、今いる人材を最大限活用できるかが問われています。企業のみならず病院や施設等の全組織で、今までの指示命令型から脱皮し、上司が質問を使って部下の潜在能力(やる気・答)を引き出さなければならない時代になったのです。
いつも上司から「ああしなさい」「こうしなさい」という命令ばかりを受ける部下は、自分の名前を呼ばれた瞬間にすぐ「また何か?」という緊張が走ります。皆さんもスタッフの時代にこんな経験があるのではないでしょうか。出勤したらいきなり師長から「○○さん!」と呼ばれると「えーっと何かあったかな。申し送り、看護計画、〜あのことかなぁ」と瞬間的にそう思わなかったでしょうか。呼ばれた瞬間に「また褒められるのかな?」なんて考えることは絶対にないのです。指示命令型の組織というのは、そういった緊張感があります。
またそういう組織では上司に強く言われると、部下は心では思っていなくても「ハイ」と答えてしまいます。そして失敗した時には「だから最初からそうなると思っていたんです、無理だって」と口にします。どうせ答えは「上」が決めたのだからと、真の同意が無いのです。このような環境では、自ら考え行動する自立した人材は生まれてきません。
部下側が持っている答えや能力を最大限に発揮させるには、質問型コミュニケーション、「コーチング型」に変える必要があるのです。
スピード化と言われる現代で、組織やシステムといったハードの部分は日々改善されていますが、ヒューマンスキルやコミュニケーションといったソフトの部分に力を入れている組織は、まだまだ少ないと言えます。コーチングはソフト面のスピード化に最適なコミュニケーションスキルと言われています。上司からの質問によって部下は自分で考え、自分で答えを出すようになり、自立型の活用化された組織ができるのです。
管理職がコーチングを習得すると、より双方向コミュニケーションが図られ、職場のコミュニケーションの質と量を改善することにもつながります。ひいては、スタッフと患者様とのコミュニケーションの質と量もよくなっていくのです。

目標管理制度にマッチするコーチング

近年病院内に目標管理制度が導入され始めています。今後導入のスピードは加速され、さらには人事制度との連動が始まり、給与、賞与、昇格にも関連してきます。目標管理制度では、適切な目標設定、中間でのモチベーションの継続、期末での評価のくい違いを埋める面接スキルが必要です。コーチングを活用することにより面接スキルが飛躍的に向上します。
また、年間を通して目標達成をサポートしていく、日々の関わりにコーチングが機能します。

【管理職がコーチングを学ぶメリット】

  1. ビジョン、方針がすばやく浸透するようになる
  2. スタッフの意欲を引き出す
  3. リーダーとしての当事者意識を深める
  4. 問題解決能力が高まる
  5. 上司・部下間のコミュニケーションを改善する
  6. 組織のコミュニケーションの質を向上させ、活性化する
  7. スタッフ同士のサポート体制を強化する
  8. チームケアの醸成
  9. マネジメント法としての部下育成スキルを習得できる
  10. 目標管理の面接スキルの向上

AEメディカル Contact: info@ae-medical.com    Tel.092-739-7522

Copyright 2009 AE Medical CO.,Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

URL: http::/www.ae-medical.com/